ノビルンジャーってアレルギーはないの?調べてみると3つの成分が…!

ノビルンジャーってアレルギーはないの?調べてみると3つの成分が...!

ノビルンジャーは毎日口にするものだからこそ、「アレルギー物質は入っていないのか気になる」っていう人は多いと思います。

そこで今回は、ノビルンジャーに配合されているアレルギー物質と、その物質が配合されている理由について調べてみました!
ノビルンジャーを注文したいけど、アレルギー物質が気になって注文できずにいたっていう人はぜひ参考にしてみてくださいね♡

 

ノビルンジャーはどこで作られてるの?

ノビルンジャーは、静岡県浜北市にある工場で作られています。
この工場は、GMP基準認定された工場なんです。

GMP基準認定は安心の証

GMP基準とは、原料の入庫から出荷するまでの全ての工程で製品が安全に作られ、一定の品質に保たれるようにする為の基準のことです。
この基準はなんと「医療品レベルの安全製造の証」とも言われているほどなんです。

具体的には…

  • 人的ミスを徹底的に排除
  • 厳しい製造工程と品質管理基準を定めている
  • 厳格なチェック体制のもと、運用できる工場だけが取得できる認定

つまり、どの工場でも簡単に取得できるものではないんです。
しかも、ノビルンジャーを作っている工場は、GMP基準認定の中でもレベルの高い世界基準である“ISO9001”まで取得しているので、安全性にはかなり自信があることが予想できます。

 

ノビルンジャーに含まれているアレルギー物質3つ

ノビルンジャーには、アレルギーを起こしやすい特定原料の27品目のうち、乳とたまごに由来する次の成分が含まれています。

  • 乳:ラクトフェリン、EC12菌
  • たまご:ボーンヘップ

この3つの成分が含まれていて、この成分はアレルギーを起こしやすい物質ではありますが、ノビルンジャーに配合したのにはきちんとした理由があるようです。

 

アレルギー成分①
ラクトフェリン(乳)の驚くべき効果!母乳に含まれる成分?!

ラクトフェリンは母乳や生乳にも含まれているもので、高い免疫力を持つ成分です。
実は、生まれたばかりの無菌状態の赤ちゃんは、このラクトフェリンの働きに守られているんです!

風邪やインフルエンザの予防をはじめ、腸内環境を整える働きも持っていて、身体の抵抗力をアップさせるだけでなく、傷口の治りを早めたり、ドライアイの改善にも効果を発揮してくれるんだとか♪
最近の子供はスマホやタブレットを使う機会も増えてきているので、子供の目を守るためにも欠かせない成分になりそうですね。

 

アレルギー成分②
EC-12菌(乳)は体質改善をしてくれる?!

EC-12菌は、人間の腸の中に住んでいるとても小さな菌です。
この菌は殺菌加熱してあるので死んだ菌になります。
「死んだ菌を補給して意味があるの?」と思われるかもしれませんが、EC-12菌は死菌として腸内に届き、他の菌に食べられることで腸内の活動が活性化するという仕組みになっています。
これにより免疫力を上げ、インフルエンザ予防や花粉症やアトピーなどの症状軽減といった体質改善にも効果が期待できるようになるんです♪

 

アレルギー成分③
ボーンペップ(たまご)で骨の成長をサポート!

ボーンペップは卵黄から発見された成分で、骨の成長をサポートする働きがあります。
ひよこは産卵からたった21日という驚異のスピードで殻を破ってひなになるんですが、この成長スピードの秘密をカギを握っていたのがボーンペップだったんです。
カルシウムと一緒に摂取することで骨の伸びるスピードが一気にアップするので、ノビルンジャーにも必要不可欠な成分というわけですね♪

 

おわりに

今回は、ノビルンジャーに配合されているアレルギー物質と、その物質が配合されている理由について紹介してきました。
ノビルンジャーには3つのアレルギー物質が配合されていることがわかりましたが、もっと調べてみると、アレルギー物質が配合されている理由まで知ることができました。
理由を知ると必要不可欠な成分であることがわかりましたが、アレルギー物質であることには変わりないので、アレルギー物質が気になる場合はかかりつけの医師に相談することをおすすめします!

ノビルンジャーをお得に試せる公式サイト

ノビルンジャー
ノビルンジャー
価格 初回価格2,376円(税込)
内容量と目安 60粒・108g / 1ヵ月分
公式SHOPをみる♡

こちらの記事も
よく読まれてます

ページ上部へ戻る